日本最大級!ハイラックスサーフ専門店「アップルカンパニー」



最新!ブログ&SNS更新情報!

RSS Feed Widget
RSS Feed Widget
RSS Feed Widget




当店のConsept

”全国でも圧倒的、販売店レビュー&クチコミ投稿♪”

当店は★日本最大級ハイラックスサーフ専門店★です!当店は「こだわりの一台を・・・注目の一台を・・・」 をコンセプトに、在籍している査定協会認定の査定士三名にて、厳しいチェックのもとに☆厳選☆されたサーフを専門にカスタム!販売!致しております!
単に仕入れて販売ではなく、今までのノウハウの蓄積からシートや内装パーツ類全てを取り外して、一台一台時間をかけ洗浄していき、新車当時に限りなく近づけます!
当店ではこの分解クリーニング作業を販売する全てのサーフに施します。
出来る限り新車の車内空間に近づけ、より魅力的にコンプリートさせハイラックスサーフで過ごす大切な時間をストレスなく居心地のいい空間にし、 走っていたら思わず振り返ってしまうようなハイラックスサーフを製作しカスタム、整備してお客様に販売しております。
そんなハイラックスサーフを手がけることが私たちの喜びです。
オーナー様はもちろん、奥様、お子様、ゲスト様にも、一人でも多くの人に心地よく乗ってこの喜びを知っていただける様に日々の努力を重ねていく志でございます!
当店でならお探しの1台!貴方だけの1台!きっと見つかります!
何でもお気軽にお問い合わせ下さい!


☆こだわりの徹底内装〜☆

まずはカークリーニング専門業者でも行わないシートや内装パーツ類全てを取り外します!当社が販売する全てのサーフに内装・分解フルクリーニングを施工します。出来る限り新車の車内空間に近づけることが目的です!
今までのノウハウの蓄積から、専用の高温スチームや高圧洗浄、用途別の溶剤を用い一台一台時間をかけ洗浄していきます!ハンドルのクリーニングだって見逃しません!!        
車内の空気までもクリーンに保つにはこのインテリアリニューは、当店独自のクリーニング方法で、当社のお客様以外の方々からもご依頼が多い、プレミアムサービスです!
大切な人・大事な方を乗せる車内。全ての同乗者に清潔でクリーンな車内環境を提供できるだけのプレミアムインテリアクリーニングです!

☆ハイラックスサーフの魅力☆

ハイラックスサーフって一体どんな車なんだろう?! 4WDっていう車はどういうものなんだろう?!このような疑問をもっている方は多いと思います!乗ってみればその楽しさ面白さがわかるのですが、購入前にハイラックスサーフの楽しさ、カッコよさを少しでも皆さんに伝えることができればといいなと思います。

まず、ハイラックスサーフという車の大きな特徴は、高い走破性、頑丈な作り、カスタマイズ、大きなボディー、広い居住性、リアウィンドウなど、普通の車では味わえない魅力があります!

「車の大きさ」


普通乗用車と比べ高さ、幅、長さが一回り大きい作りになっています。 やはり大きな車は走っていると人目を引きます!人に注目されるのは気分がいいですよね。 また車高も高いので普段見ている景色と、まったく違った新しい景色を見ることができます。車高が高い分見通しもいいので道路状況(渋滞等)なども把握しやすいという利点もあります。 大きいから運転しにくいんじゃないかなというご質問をよく受けますが、実際はそんなことはありません。車高の高さがある分視界も広くなりますし、乗用車と違いトランク部分がないので後方も確認しやすくバックでの駐車も苦になりません! 幅や長さは乗用車と比べても実際は数十センチしか変りありません。

ハイラックスサーフ
全長485cm 全幅180cm 全高180cm
トヨタセダン車
全長490cm 全幅179cm 全高145cm

上記にある通り同じTOYOTAのセダン車と比べてみると長さはむしろサーフの方が短いのが分かります、幅も1cm程しか変わりません。数字的に見てもサーフの方が扱いやすいという事になります。ただし、高さがあるので、乗用車では無い「死角」も生まれてしまいます。車に乗り込む前の周囲確認やカメラを追加で増やすなどしましょう!

ハイラックスサーフの「高い走破性」

普段の街乗りから山、海などどんなシチュエーションでも応えてくれます。
ハイラックスサーフはパートタイム4WDなので、2WDと4WDの切り替えが可能です。
この機能も人気の1つです!分かりやすくいうと、普段は後ろのタイヤ(FR)しか動いていません。フロントのタイヤはリアのタイヤが回っている動力でただ回転しているだけです。
これが2WDになるのですが普段走る分にはこれで何も問題はありません。動力も後ろのタイヤだけですので、実走行の燃費だって好評です!
4WDはフロント2本とリア2本のタイヤ全てが駆動します。4本同時に駆動することにより雪道や悪路等で安定した走りを得ることが出来ます。
オンロード・オフロードどちらもしっかりとしたポテンシャルでお客様の期待に応えてくれます!

「頑丈な作り」

ハイラックスサーフはもともと[ハイラックス]というTOYOTAのトラックをベースに製作され
トラックは荷物を積んだり、長距離運搬することが目的で作られています。
その荷物の重さに耐えられるボディと、長距離の運搬でも耐えられる強いエンジンがトラックには求められます。
そんな強靭な作りのハイラックスをベースとして作られたのが、ハイラックスサーフです。
平成8年以降はエアバックも搭載されより安全な車となっています!

ハイラックスサーフの「ラゲッジスペース」


5人乗りの設定で後ろには広いラゲッジスペースがあります。
(奥行き194cm幅134cm高さ92cm)
セカンドシートを倒すことによってフルフラットにもなり、とても広いスペースが生まれます。
スノーボードやサーフィンはもちろん、スキー板も車内に積み込みが可能です。
人が寝転がれるほどの広さがあり、車中泊だってできます!

またセカンドシートはリクライニングが3段階設定されていますので、後部座席の人もゆったりと座ることができ、
ファミリーでのお買い物やカップルでデートなど、様々な場面場所で快適なカーライフを送ることができます!
ハイラックスサーフは他の4WDと違い、走破性だけを求めただけの車ではありません!
もちろん走破性も重視しつつ、街乗りでも十分走れる快適性と洗練されたデザインを持ち合わせた車です。
その名の通り4WDというカテゴリーにとらわれない車だからこそ、他の車とは違う魅力がハイラックスサーフにはあると思います!
ノーマルはもちろんですが、限定車!リフトup!ラグジュアリースタイル!USカスタム等!お好みにお客様だけのスタイルに合わせたカスタム製作致します!それだけのベースを、ノーマルの時点で兼ね備えたスタイルの車です。
どんなハイラックスサーフにするかはお客様次第です!


サーフだけにしかない「リアウインドウ機能」


ハイラックスサーフのリアゲートには、ウインドウが電動で昇降するパワーウインドウ機能が付いています!

リアウインドウの開閉は、外側からはキー操作、内側からは運転席にある開閉スイッチで操作できます。

ちょっとした荷物を入れる場合には、リアゲートを開けずにリアウインドウからポンと荷物をラゲッジルームに放り込んでしまえば良いのです。

春や秋などの涼しい季節には、窓と電動ムーンルーフ、そしてリアウインドウを全開にすれば心地よい風が入ってきて気持ちいいですよ!

サーフだけの特別装備です☆

この機能も人気の理由の1つです!
フルオープンで風を感じながら音楽を楽しむのはいかがですか♪
パワーアンダーミラーがついているタイプは後方確認もしやすくなお安心です☆


世界が認めたタフさ!1KZエンジン!

サンプル画像

元々サーフに搭載されていた2400ccの2Lエンジン。故障の多かった2Lエンジンの替わりとしてトヨタが開発したのがこの、「1KZエンジン」です。このエンジンはとてもタフで40万キロ50万キロは余裕で走る頑丈さ。
整備・メンテナンスもしやすくエンジンルームは水洗いも出来ます。
このエンジンの丈夫さ・信頼性は世界も認め、海外貿易で盛んに取引をされています。

軽量&タフな3RZエンジン!

サンプル画像

ハイラックスサーフの2700ccガソリンモデルに搭載されているのが、3RZエンジンです。
このエンジンは他のサーフに搭載されているエンジンの中では最軽量で、オフロード走行に適しているという側面もあります。また、タイミングベルトはチェーンタイプで交換不要なため経済的であり、世界のトヨタが製作したエンジンなだけあって丈夫さも魅力です。

安心の車両仕入れ!

メーター管理

日本オートオークション協議会の「走行メーター管理システム」により、当店取り扱いのサーフは走行距離管理を徹底しております。
走行メーター管理システムとは、中古車業界の健全な発展と消費者保護の観点から、日本オートオークション協議会が開発したシステムで、オークション会場に出品された中古車の走行距離のデータを蓄積し、データベースとして集中管理することにより、オークションに出品される中古車から走行メーターに関する不正車両を排除することを通じて、不正行為を未然に防止することを目的としています。

日本全国納車OK!

電話かPCがあれば・・・車が買える!



☆サーフオーナー様からの生の声☆

たかが車・・・されど車・・・





友だち追加

アップルカンパニー公式LINE@

★SIDE MENU★


★SIDE LINK★

★くまもとサプライズ★

このページのトップへ

inserted by FC2 system inserted by FC2 system inserted by FC2 system ?-